共有名義化に伴う不動産買取・売却不動産買取マスター

他社で断れた方、
特種な物件も
高価買取 即日現金化も可能

  • 買取実績
    多数
  • 即日見積
    最短買取
  • 他社で断られた
    訳あり物件

土地 / 一戸建て住宅 / 賃貸管理物件 / 分譲マンション / 区分所有物件 / ビル / 倉庫 / 店舗 / その他

どこよりも 早く! 高く! 買取ります

ランニングコストを考えると売却するべき?

共有名義した実家の建物や土地。今後、自分で住んだり家を建てたりしない、賃貸などで活用をする予定もない場合、維持費や固定資産税・都市計画税がかかることを考えると売却してしまうのも一つの方法だ。ただし忘れてはいけないのは、不動産を売却するときにも税金がかかるということ。そこで、共有名義した不動産の売却にはどんな税金がかかるのか、節税できる特例はあるのかをまとめてみました。

共有名義した家売却するメリット

家を共有名義した場合、そこに誰も住まなくても管理費や維持費が発生します。それだけでなく課税対象でもあるため税金も発生します。そのため、さまざまなコスト面から、場合によっては共有名義した家を所持しておくよりも売却してしまった方がよいケースもあります。

維持費がかからなくなる

「空き家等対策特別措置法」の施行により、自治体は放置された空き家を「特定空き家」に指定することが可能になりました。空き家を放置していると、場合によっては過料が発生したり、行政から指導が入ったりすることもあります。 こうなると、居住用建物に対しての固定資産税の優遇措置がなくなるというデメリットが発生します。 また、空き家であってもメンテナンスや庭の手入れなど周辺住民に迷惑をかけない程度の外観を保つ必要があります。維持・管理費には思いのほか費用がかかるため、共有名義したことでかなりのお金がかかってしまうケースも少なくありません。

近隣住民とのトラブルを避けられる

あまりに長く放置していると、倒壊の危険が伴うだけでなく一部が剥がれ落ちて近隣に飛んでいったりすることもあるでしょう。居住中の住宅からの飛来物に対しては、建物の持ち主に損害賠償責任が問われることはありません。また、特に災害によって飛来した物に関しては不可抗力とみなされるため、責任を問われることはありません。 ただし、これが管理を怠っていた空き家である場合には責任を問われることになります。また、庭木の手入れを怠り、近隣に迷惑をかけた場合には衛生面の問題が発生したとして損害賠償を請求される可能性もあります。

共有名義した不動産を平等に分配できる

不動産の共有名義でトラブルが起こりやすいのは、共有名義人が複数いる場合です。遺産が現金だけなら簡単に分割できます。ただ、不動産の場合は、家を切るわけにもいかず分割するには共有名義人間でしっかり話し合いを行うことが必要です。 このケースでは、不動産を売却して得られた利益を分割する方法を取ることをおおすすめします。不動産を売却して得られた利益を分割する方法を換価分割と呼びます。共有名義分を現金で分割できるため、トラブルになりにくく平等に分割することが可能です。

不動産仲介と不動産買取何がどう違う?

仲介の場合

  • STEP
    01

    売却相談

  • STEP
    02

    査定価格のご提示

  • STEP
    03

    売却依頼(媒介契約の締結)

  • STEP
    04

    広告・販売期間

  • STEP
    05

    買受申し込み

  • STEP
    06

    契約条件の調整

  • STEP
    07

    不動産売買契約の締結

  • STEP
    08

    残金決済・引き渡し(現金化)

買取の場合

  • STEP
    01

    売却相談

  • STEP
    02

    査定価格のご提示

  • STEP
    03

    契約条件の調整

  • STEP
    04

    不動産売買契約の締結

  • STEP
    05

    残金決済・引き渡し(現金化)

  • 仲介だと数ヶ月?数年必要になる
    広告費用販売期間が一切ありません 圧倒的スピードと高価格

不動産買取マスターが選ばれる理由

  • 理由1

    仲介手数料無料!
  • 理由2

    スムーズかつ安心のお取引、最短48時間!
  • 理由3

    すぐに現金化が可能です!
  • 理由4

    秘密を厳守したお取引、個人情報保護!
  • 理由5

    現状のまま引き渡しOK!
  • 理由6

    相続後の不動産の対応可能!
  • 理由7

    不要な家具家財の買取!
  • 理由8

    金融機関との交渉を代行!
  • 理由9

    弁護士・税理士無料相談可能!
  • 理由10

    売却後の責任は一切ありません!

共有名義での不動産売却よくあるご質問

ちろん可能です。ただし、共有者全員の同意が必要となります。

また、売買契約の締結や登記手続きには原則として名義人ご本人に行っていただく必要がございます。詳しくはお気軽にご相談ください。

兄弟などほかに法定相続人がいれば、遺産分割協議を行い、所有者を特定してから登記することが必要となります。

  • 遺産分割
    相続によって不動産を取得するのは、自分1人だけとはかぎりません。
    兄弟などほかに法定相続人がいれば、遺産分割協議を行い、所有者を特定してから登記することが必要となります。
  • 相続登記(不動産の名義を移す)
    相続によって取得した不動産を売却するには、必ず相続登記によって、不動産の名義を自分の名義に変更する必要があります。 登記手続きはご自身で行うこともできますが、相続の種類によって複雑手続きでかなりな手間がかかる場合もあるので弁護士や司法書士などの専門家に依頼するのがよいでしょう。
    また、相続登記に期限はありませんが、相続登記を行わないと売却ができないので、売却を考えている場合は早めに手続きを行うといいでしょう。
  • 不動産業者に売却を依頼する
    相続登記手続きができた完了後は、普通の不動産を売却した場合の流れと同じになります。
    所有者となった相続人が売主となり、不動産業者と媒介契約を交わし、売却に向けて進めていきます。
  • 売却代金を相続人の間で分配する
    遺産分割協議の内容にそって売却代金を分割します。

以上のように、相続不動産の売却には、遺産分割協議や相続登記などと段取りが多くなります。相続人が集まれる機会も限られるため、なるべく早いうちに各種手続きを行うと良いでしょう。

不動産買取マスターで失敗しない不動産売却

共有名義や土地売却には、さまざまな専門知識が必要になります。不動産のプロにお早めにご相談いただけると、よりスムーズに良い条件での売却が可能です。
ぜひお気軽にお問い合わせフォームからご相談ください。

不動産買取マスターついては「マンガでよくわかる不動産の売却」にて詳しく解説しています。あわせてご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました